総務委員会

 

委員長 中山 龍之介

副委員長 仁科 孝浩

委員会運営大綱

一般社団法人長浜青年会議所の総括的運営と組織の把握

委員会基本方針

一般社団法人長浜青年会議所には、社会に貢献するためにこれまで築き上げてきた礎があります。その伝統を大切にして今後も着実に組織の発展を遂げるためには、常に現状を見つめ、目的意識を共有しながら適切な管理体制の下で組織運営を行うことが重要となります。

そこで本年度総務委員会は、運動や事業の効果を最大限に発揮するために、会員一人一人に財務・コンプライアンスに対して自覚や責任を実感しながら組織にとって必要なことや正しいことを見極めるように指導し、各委員会の議案・資料について費用対効果の精査を徹底します。さらに全体の相互理解を深める支援を行い、円滑かつ明瞭な会議運営を行うことで未来を志向する組織を構築できると確信します。

​委員会事業計画

1.総会及び理事会の主管

2.会計に関する資料一式の作成及び管理

3.コンプライアンスに関する教育指導及び審査と運用

4.会費の徴収及び財務管理

5.一般社団法人長浜青年会議所特別会計の管理

6.一般社団法人格に関する作業の実施

7.定款及び諸規程の的確な運営と検討

8.事務局の効率的な運営

9.会員必携の作成及び配布

10.会員資格規定に関する作業の実施

11.会員原簿の作成・管理及び会員データベースの保守

12.新入会員候補の選考

13.各種資料作成と情報管理のデータベース化の推進

14.褒賞申請に関するサポート

15.公式訪問に関する企画及び運営

中山龍之介_edited.png

広報戦略委員会

 

委員長 高井 恵理

副委員長 田村 和輝

委員会運営大綱

一般社団法人長浜青年会議所の広報広聴活動及び情報の管理

委員会基本方針

一般社団法人長浜青年会議所は地域の発展の為、先導者としてまちづくり活動に取り組んできました。更に私達の活動を地域に根差し、未来に向けて繋いでいく為には、次世代の担い手となる働き世代の共感が必要と考えます。

 そこで本年度広報戦略委員会では、「親しみやすさ」をテーマとし、私達の活動を働き世代に身近である情報媒体を用いて目線を合わせた発信をすることで認知度を高めます。また、ホームページやSNS、視覚に訴える動画等を用いてその世代に関心が高い地域の話題を行政諸団体等と連携して発信します。その結果、働き世代に共感を得て人から人へ思いが波及していき、私達のまちづくりにかける熱意が広がることで、明るい豊かな社会に繋がると確信します。

​委員会事業計画

1.JCニュースの発刊と充実

2.ホームページ、及び各種情報媒体を通して情報の受発信及び拡充

3.地域、他団体への積極的広報広聴活動及び渉外活動

4.メディアとの交流による情報の受発信

5.写真、映像などの資料等の整理

6.各委員会及びメンバーの情報収集、並びに広報支援

7.TOYPの申請に関する業務

IMG_5331_edited.png

Human Capital Labo創設委員会

委員長 髙山 悠

副委員長 藤本 雄一

副委員長 大音 貴司

委員会運営大綱

持続的な経済循環を創出できる仕組みの構築並びに事業の実施

委員会基本方針

地域活動に転換の兆しが見える状況下で湖北地域がさらなる成長を遂げるためには、国内需要を主流とした時代の流れを追い風に多くの関係人口を創出し、地域経済を大きく発展させなければいけません。その為には湖北が持つ潜在的な資産を機能的に活用し、都市を経済圏とする継続的な仕組みを構築する必要があります。

そこで本年度Human Capital Labo創設委員会では、さらなる都市連携を模索するとともに湖北の資産を客観的に評価する活動を行います。そして多様な視点をもつ連携都市をステークホルダーとして加え、政治・行政・民間からなる経済の共生に向けた新たな連携を構築し活用することで、持続的な経済循環が生まれ湖北を発展させる力になると確信いたします。

​委員会事業計画

1.持続的な経済循環を創出できる仕組みの構築に向けた調査研究

2.持続的な経済循環を創出できる事業の実施

高山悠_edited.png
 

湖北プロデュースカレッジ創出委員会

 

委員長 塚田 健志

副委員長 中村 直樹

副委員長 河瀬 賀行

委員会運営大綱

新たな賑わいを創出し若者が地域と繋がる仕組みの構築並びに事業の実施

委員会基本方針

湖北には先人たちの情熱により磨き上げられてきた多彩な魅力が各地にあり、其々が更なる飛躍の可能性を秘めています。今後も輝き続けるためには、若者をはじめ様々な人財が地域の垣根を越え関わり合うことで、固定観念にとらわれずに挑戦しまちの魅力を洗練し続ける仕組みが必要です。

そこで本年度当委員会では、湖北各地に多様な人がまちと関わり続けるための拠点を作り、地域の個性と様々な視点を掛け合わせ新たな着想を導き出します。そして、その着想をもとに多くの人を惹きつける事業を実施し若者や地域住民のまちへの想いに火をつけます。この過程を経て、地域の未来を担うべき人財が自らまちの可能性に挑む好循環を生み出すことで、新たな賑わいへと繋げます。

​委員会事業計画

1.若者が地域と繋がり新たな賑わいを創出する仕組みの構築に向けた調査研究

2.若者が地域と繋がり新たな賑わいを創出する仕組みの構築に向けた事業の実施

塚田健志_edited.png

Educate0→1推進委員会

委員長 田中 秀弥

副委員長 藤田 義之

副委員長 曽我部 司

委員会運営大綱

青少年の0から1を生み出す力を養う教育の仕組みの構築並びに事業の実施

委員会基本方針

湖北地域の子ども達が変化の激しい時代を生き抜き、世界を舞台に活躍するためには新たな価値を創造する力が必要不可欠です。その為には、子ども達の内に秘められた無限の可能性を開花させる事のできる地域主体の仕組みを構築する必要があります。

そこで本年度Educate0→1推進委員会では、子ども達の声に耳を傾け興味関心を模索する活動を行い、あらゆる分野で活躍するイノベーターの知見に触れながら子ども達が好奇心をもって挑戦できる教育の場を創出し、地域の大人を巻き込みます。そして、子ども達の成長を通じて、関わり合う大人たちと共にEducate0→1教育の優位性を湖北に訴求することで、未来を切り拓く人材を継続的に輩出する一歩を踏み出すことができると確信します。

​委員会事業計画

1.子ども達が0から1を生み出す力を養う仕組みを構築する為の調査研究

2.子ども達が0から1を生み出す力を養う仕組みを構築する為の事業の実施

田中秀弥_edited.png
 

新入会員指導委員会

委員長 小林 大英

副委員長 國友 宏修

委員会運営大綱

JAYCEEとしての基礎知識の習得並びに相互研鑽

委員会基本方針

私たちが湖北で暮らし商いを営み理想を抱くことができるのは、まちを想う先達が情熱とプライドをかけ、仲間とともに妥協なき姿勢で世のため人のために尽力してこられたからです。JAYCEEを名乗る私たちは、現状に満足しその功績の上に胡坐をかくことなく、己の力を存分に発揮し、明るい社会を創造し未来へ紡がなくてはいけません。

 そこで本年度は、「活発に、貪欲に」をモットーに青年会議所の繋がりを積極的に活用し、このまちの軌跡や世の中の高邁な志に触れ、まちづくりに対する主体者意識や面白さ、仲間との協働から得る感動や尊さを学びます。多様な価値観と出会い、思考し持論を見出し語らい切磋琢磨することで、明日への一歩を果敢に踏み出す人材を育成して参ります。

​委員会事業計画

1.青年会議所活動の理解と一般社団法人長浜青年会議所の事業並びに各種大会・会議への積極的参加

2.新入会員オリエンテーション並びに歓迎会の実施

3.FTセミナーの実施

小林大英_edited.png

会員研修委員会

委員長 西川 寛路

副委員長 中河 智紀

副委員長 大神 卓也

委員会運営大綱

例会の主管と積極的参加の推進並びに企業経営者としての資質向上に繋がる活動

委員会基本方針

私達は湖北地域並びに社業を思い果敢に挑戦し光輝く未来を掴み取らなければなりません。予測不能な時代において、それを果たすことができるのは逆境をも飛躍に変えるリーダーです。彼らの根底にあるものは行く先にたとえ大きな壁が聳え立っていても受け入れる素直な心であり、事実と向き合って初めて俯瞰的な視点が生まれ柔軟、或いは強硬な考えを持ち行動することができます。

そこで本年度は、困難から目を背けることなく前向きに歩んでこられた方々の経験に触れる場を設けます。様々な見聞を深めることで器を大きくし、苦境を受け止める意識を養います。そして、課題と真摯に向き合い明確な道筋を定め打破できる先駆者の素養を手にすることができると確信致します。

​委員会事業計画

1.例会の企画と主管

2.例会内容の充実

3.積極的な例会参加への意識の昂揚

4.企業経営者としての資質向上に関する調査、研究

5.企業経営者としての資質向上に繋がる事業の実施

6.交通安全意識の浸透及び促進

西川寛路_edited.png
 
 

会員交流委員会

 

委員長 田中 和孝

副委員長 田中 一徳

副委員長 宮元 喜輝

委員会運営大綱

会員相互の融和と組織の結束力向上

委員会基本方針

一般社団法人長浜青年会議所は、青年経済人の集う場として価値観や主張の違う仲間を束ね上げ、そこに生まれた絆や熱に多くの人々が共感を求め集まり続ける組織です。時代の変化と共に多様化が進む中で共感に幅を持たせ会員一人ひとりの気持ちに寄り添いながら、強固な組織として成長し続けるべきです。

そこで本年度は、「紡ぐ」を心中に据え委員会運営を進めます。これまでの歴史や伝統は基より会員だけでなく関わる人々の思いに仁をもって紡ぎ合わせ深く語り合う場を創出し、組織へと還元することにより会員相互の久遠の絆と共感を生み出します。そこに新たな力となる仲間を加え会員間での交流を継続循環させることで強固且つ結束した組織へと躍進すると確信します。

​委員会事業計画

1.会員相互の交流・融和に関する事業の実施

2.各種大会・会議への積極的な参加の促進

3.新入会員拡大活動の推進

4.会員消息の実施

5.新年祝賀会の実施

6.家族会の実施

7.卒業生を送る夕べの実施

8.特別会員との交流の実施

田中和孝_edited.png